ワーキングホリデーという制度を利用する

ワーキングホリデーという制度を利用して、海外で仕事をしてみてはいかがでしょうか。この制度を利用することができれば、仕事をメインとすることはできないようですが、海外でアルバイトなどを経験することができるようです。海外でアルバイトをする機会というのは、滅多にないものではないでしょうか。海外では、英語であったり、フランス語などの外国語を話さなければいけませんので、ある程度の勇気がなければ行くことができないのではないかと考えられます。しかも、海外で生活をするには、たくさんのお金が必要になってしまいます。外国語を話さなければいけないですし、お金もかかるということでは、海外に行こうとはしないのではないでしょうか。ですが、このワーキングホリデーという制度は、ある程度安い金額で海外に行くことができるため、とても良い制度ではないでしょうか。

ワーキングホリデーに行こうかと悩んでいる方へ

私自身、ニュージーランドとオーストラリアのワーキングホリデー経験者ですが、各国1年間の滞在で、多くのことを経験することができ、視野も広げることが出来ました。日本をしばらく離れたいという気持ちでワーキングホリデービザを取得したのですが、離れてみると、日本の素晴らしさというものを改めて実感することができました。また、他国の人たちと交流する中で、自分の日本に対する歴史や文化などの無知さにもあきれてしまい、帰国後は日本についてもっと知ろうと思えるようになりました。もし、ワーキングホリデーに行こうか行くまいか悩んでいる方がいらっしゃるなら、絶対に行くことをお勧めします。様々な国の友達を作ることが出来ることはもちろん、色々な経験をすることが出来ます。それらの経験は、決して無駄になるものではなく、自分を成長させてくれるはずです。

ワーキングホリデーでの留学

海外へ留学する時には留学ビザを取得します。このビザでは留学先でアルバイトなどの就労はできません。海外で働くのであれば労働ビザが必要になります。しかし、留学しながら、働くことができるビザがあります。これが、ワーキングホリデーという制度です。18歳から30歳までの間になりますが、留学先、滞在先の国で滞在資金を賄うためにアルバイトなどの労働ができます。しかし、どこの国でもという制度ではなく、2国間で協定が結ばれている国に限ります。日本とアジア諸国は、香港、韓国、台湾です。オーストラリア、ニュージーランド、欧州のフランス、ドイツ、イギリスなどがあります。基本的に1年間ですが、国によっては延長もできます。あくまでも観光が主目的で、働くことがメインではありません。この制度を利用して海外へ行くのであれば、現地でのサポートを詳細に調べておくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ワーキングホリデーで働きながら勉強しましょう