ワーキングホリデーで語学の勉強を

海外へ行かれて語学の勉強をされる方は、生活費の面で困る方も多いですね。勉強のために海外へ来られている方は、ワーキングホリデーを利用するといいです。ワーキングホリデーは、勉強をしながら、働くことが出来るものなのです。長期間滞在する方は、ワーキングホリデーを利用している方も多いですね。言葉だけでなく、そこの国の方とのコミュニケーションも取れるのです。仕事は、国によって職種がことなりますので、勉強をしにいく国では、どういった仕事が出来るかを確認してみることが必要ですね。農業が多いですが、海外の農家はかなり広いので、仕事としてもやりがいを感じますね。休みの日に家にいるのではなく、働くことで収入を得ることが出来るのです。ワーキングしながら勉強をすると、その国の文化なども知ることが出来るので、語学以外も勉強出来ることがあるのです。

ワーキングホリデーの条件。

海外留学を考えているならがワーキングホリデーが一番の近道ではないでしょうか。提携を結んでいる自国と相手国の間を休暇を利用して働きながら言語だけでなく、異文化体験も出来ます。日本で学んだ事を間近に肌で感じられます。これにはいくつかの条件があります。基本的には一カ国は一回しか行く事が出来ません。また年齢は十八歳以上から三十歳までの方に限られます。国にもよりますが、二十五歳までの制限があります。希望により一年延長出来ます。現在日本が提携を結んでいる国は、ヨーロッパを始めとしてアジアやオセアニアの十二ヶ国です。これらの国々は比較的治安も良く住むのには魅力的な国ばかりです。言葉だけでなく、新たな自分を発見したい、成長させたい方にはまたとない経験が出来ます。事前にインターネットに目を通してある程度の知識を身につけておくと安心です。

フランスへのワーキングホリデー

フランスが大好きで、いつか住んでみたいと考えていました。語学留学も考えましたが、大学院に行ったつもりと考えて、大学を卒業した後1年間、ワーキングホリデーで渡仏しようと考えています。新卒で就活しないのは、何かと不利になるのではないかとも考えたのですが、一度就職したら、きっとこの野望は実現しないだろうと感じたのです。卒業までにバイトに打ち込んで、費用を捻出しなければなりません。留学本に書いてあったのですが、フランスは冬が長いので、秋口に渡仏すると、精神的に参ってしまうみたいです。ギリギリの予算で生活するのも精神的に追い詰められ、それがマイナス要素になり、長い冬を越さずに、途中でリタイアする場合もある様です。出来るだけ予算大目に余裕持った生活が出来る様に見積もらなければなりません。フランスは審査も厳しくなかなか厳しいみたいですが、がんばりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ワーキングホリデーで働きながら勉強しましょう