ワーキングホリデーのススメ

日本とワーキングホリデーの協定を結んでいる国は、現在12ヶ国ほどあります。3ヶ月〜12ヶ月の期間、働きながら滞在することができます。滞在費用は向こうで稼げるので、とりあえず渡航費用さえ貯めれば出発することができます。実際の生活を体験できるので、異文化に触れることで、物事を違った角度から見ることができるようにもなります。もちろん、言葉も文化も違う中に一人で過ごすと、ホームシックにもなりますが、そのおかげで日本の良さも感じることができます。バランスの取れた見方をする点で、きっと大きな成長につながるでしょう。多くの出会いがあるので、人生ガラッと変わってしまうきっかけになったりもします。人生に、生き方に迷った時、一人で大冒険すると視野が広がり、大きなターニングポイントになるかもしれません。若いうちしか使えないこの制度、一度挑戦してみると良いのではないでしょうか。

ワーキングホリデーの目的

ワーキングホリデーは1年間に限り渡航先で労働ができます。日本と協定が結ばれた一部の国になります。カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、ドイツなどの国ですが、他にも多くあります。この制度を利用すると働きながら勉強することができます。この制度を利用する人の多くが英語圏への渡航、観光、留学します。目的は、外国の文化にふれながら長期間滞在をすることですが、英語の語学力アップを目的とする人も多いのです。それは、近年の就職事情、キャリアアップの中で英語力は欠かすことができない能力です。日本でも勉強ができるのですが、ネイティブの人と話すとやはり違います。日本で勉強するよりも海外で働きながら、英語力を身につけるにはネイティブの人と話すことが一番です。その国の文化、人に触れながら勉強が出来るワーキングホリデーという制度はとてもよい制度でしょう。

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーとは、外国で働きながら長期滞在をすることができる制度です。一般的には、外国人が滞在する時にそこで働くことはできませんが、ワーキングホリデーを利用することでそれが可能となります。働くことができるので、滞在中の資金の心配をすることがなく、預金などがそれほどない若者でも海外に長期滞在することができます。外国語を習得したい、いろいろな世界を見てみたい、など応募の理由は人によってそれぞれです。海外で働いたという実績ができるため、日本に帰国後、外資系企業などの就職で有利になる可能性があります。また、海外の企業に応募して、そのまま外国で働くという人もいます。ワーキングホリデーは2国間で結ぶ協定であり、日本は現在、10か国以上の国と協定を結んでいます。外国から日本に長期滞在している人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ワーキングホリデーで働きながら勉強しましょう