ワーキングホリデーで生きた英語力を学びましょう

ワーキングホリデーとは1年間海外で暮らし、働いて学ぶことのできるものです。普通の海外旅行ではビザによって滞在期間も制限されている国も多く、労働のビザがなければ働くこともできません。しかしワーキングホリデーでは語学学校に行きながら現地で働くこともでき、資金が数ない方が現地で生活費を稼ぐことも可能ですし、生きた英語を学ぶのにぴったりです。英語力に自信がなく、働くには不安という方は日本食レストランや土産物店など比較的日本人相手の仕事をする方が多いです。また、現地で借りる住まいも節約したいならば誰かとルームシェアすることもできます。他国の方と一緒に住むなど普段できない経験もできますし英語しか話せない環境に身を置くことで英語力を向上させることもできます。年齢制限は30歳までです。現在世界では11カ国で受け入れているので、若いうちにしかできない経験ですから、よく情報収集し、自分が輝ける場所を探しましょう。

海外でワーキングホリデー

ワーキングホリデーというシステムでは、30歳以下の人を対象に、外国である程度自由な生活をすることができるビザを得ることができます。現在日本とのワーホリ協定国として、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、フランス、ドイツ、アイルランド、デンマーク、ノルウェー、香港、台湾、そして韓国といった12か国があります。国によって多少違いはありますが、一年間協定国の中で合法に労働したり、語学学校に通ったりすることが可能です。ワーキングホリデーを利用する人の中には、最初の数か月を語学の学習の為に学校に通い、そして労働先を見つけ生活費を稼ぎながら暮らすという方も少なくありません。漠然と海外で暮らしてみたい、でも何からすれば良いのか分からないという方はぜひ、上記の国々でワーキングホリデーなさってみてはいかがですか。

フランスでワーキングホリデー

フランスは12か国ある日本とのワーキングホリデービザの協定国のうちの一つです。美食の国、芸術の国として長年その先端を行く国であるため、観光地としても非常に人気のある国です。ワーキングホリデービザを取得してフランスに入国すると、一年間フランスである程度の自由な暮らしを送ることが出来ます。料理を学びたい人は直接レストランに出向き、就職先を探す必要があります。日本からフランスのレストランで料理を学ぶために修行に来る人も多いので、お店によっては日本人の勤勉さを知っており、非常に信頼し、優先的に雇ってくれるレストランもあります。海外で暮らす上で、「知らない」というのは損をします。情報を集める力は必要になるでしょう。また語学力に不安のある方は、ワーキングホリデービザで語学学校に通うことも可能です。若いうちに何か経験を積みたい方に、ワーホリはうってつけのシステムです。

我が社には無料でカウンセラーに相談できるサービスがありますのでワーキングホリデー初心者でも安心です。ここに来ればあなたが求める条件を見つかり、様々な国へ精通した留学会社を一括見積もりすることも可能です。 他社との違いとしては、ワーキングホリデーの一括見積りがネットで簡単に依頼可能な他、カウンセラーに無料で相談することも可能となっています。 ワーキングホリデーで役立つ情報が満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)